「都合がよかったら来てください」をやめる。

f:id:Y_Miura:20151112005638j:plain

過去所属していたサークルの演奏会が近づいてきた。僕はOBだが今回は60周年記念定期演奏会とういことで、最後の1曲だけ現役と一緒に演奏させてもらえることになった。OBだけど未だ現役大学院生ということで、非常に微妙な立ち位置でどう振る舞えばいいか困ることもあったが、大して誰にも存在を気にされていないと気づいたので、気にするのをやめた。

 

 

演奏会前の時期といえば、「◯月◯日に演奏会やるんで、よかったら来てください~」という宣伝をよく聞くようになる。僕が居たサークルは音楽系サークルにありがちな体育会系な雰囲気は無く、全体的にのほほんとした空気が流れていた。

たぶん戦場で序盤に◯ぬ。

この宣伝文句は自分も過去よく言っていたのだが、いつしか努めて言わないようになった。何故かと言うと、「自分がその日のためだけに努力しているんだから、デートがあろうが会社があろうが予定空けてこいよ」という風に考え始めたからだ。これは決して奢り始めたわけじゃない。ただ、「そう言えるくらい頑張っとこう」と思っただけだ。

 

実際に口にだすときは少し和らげて、「◯月◯日に演奏会やるんで、何があっても是非来てください」と言っている。うっかり口が滑って「俺が弾くんだから来いよ」といったこともあったかもしれない。でもたぶんそのほうが相手も興味を持ってくれるんじゃないか。

広告を非表示にする