読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

閉鎖サークル

僕が所属していた音楽系サークルでは,技術顧問のような指導者がいるわけではなく,先輩が後輩に教えるだけで長い間活動してきた.

今思うとそれはなかなか危ない形態で,先輩が間違った方法で後輩に指導してしまうという事態が起こる.

それで上手くいけばいいが,誰かが我流で取得した演奏スタイルが,必ずしも他の誰かにフィットするとは限らない.

やっぱり歴史の中で培われてきた,「だいたいの人に適している方法」というのを学ぶのが一番の近道だと思う.

そこで必要になってくるのが,自分で様々な教則本をあたってみたり,様々な人の指導をうけることだ.

経験豊富な指導者が一人いればすべて解決しそうなもんなんだが・・・.

広告を非表示にする