読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CADソフトで作ってたマンドリンができあがりました。

f:id:Y_Miura:20151004225208p:plain

 見た目マンドリンぽいですが、中身は下半分が空洞になっていません。最初は空洞になっていたのですが、何かの手違いで埋まってしまいました。気づいた時にはもう既にCTRL+Zで取り戻せる範囲になかったので諦めました。

まあ、ただのインテリアですし。

 

最近楽器は弾くもんなんだな、と改めて考えました。特にクラシックマンドリンのような楽器は入門用ですら10万弱するので、自分のしたい表現を蔑ろにして楽器を愛でがちです。

出したい音を犠牲にして楽器をいたわるって、楽器の存在意義そのものが揺らぐと思うんです。やっぱ楽器って弾いてなんぼじゃないですか。音出してなんぼじゃないですか。

鳴らない楽器なんてただの木塊ですから。

僕も楽器を大事にちやほやしがちですがね・・・。

それとこれとは別で、もちろん使った後は丁寧に拭きますし、ブリッジの調整もします。絃も(経済的余裕があれば)定期的に交換します。

愛好家ではなく、演奏者としてあり続けたいな。

 

広告を非表示にする